リーズナブルでデザイン性豊かな外構・庭作りを目指し、エクステリア材を開発・販売しています
神戸ガーデンハウス電話番号 神戸ガーデンハウス電話番号

テープ工法 / グランドインプルーブ

専用目地テープが着色されたラインで動きのあるデザインを仕上げます。

多彩なポイン卜色を重ねる事でより複雑で自然な感じに仕上がります。
テクスチャーの表現方法で、石肌やタイルの質感を再現できます。
着色された目地を付けることで表現方法も豊富になりオリジナル性も高まります。


グランドインプルーブ テープ工法例

材料使用目安量

約30m2(車2台分)
材料 カラーパウダー ベース色(B) 1袋 下地の表面がスムースな状態の場合の目安です
トップコート色(T) 2.5袋 主となる色でコテムラ(テクスチャー)をつけます
ポイント色(P) 0.3袋 所々ランダムに散布するカラーです
ポイント色(P) 0.5袋 それ以外全体に散布カラーです
モデファイヤー 約1リットル 接着補助と吸水調整の役割で施工面により多少誤差があります
ウェッジシーラー 7リットル 1回目のコァインク時に使用します
ノーマルシーラー 7リットル 2回目のコァインク時に使用します
インプルーブテープ デザインに
より異なる
墨や糸を張らなくても、簡単に直線ライン目地を作成します
布補助テープ デザインに
より異なる
端部や構造物の周囲や細部の細工に便利です

※使用目安量は、基本計算に基づき算出された数量です。下地の状態や施工性など現場状況によって若干の誤差があります。
※カラーパウダーはポイント色(P)を2色使用した場合の数量です。
※標準の施工方法は単色での施工時も同じ色のパウダーを散布します。
※ポイン卜色(P)はお好みで調節する事も可能です。
※インプルーブテープは施工するデザインにより大幅に異なるので、ロスしろを計算して多めに準備して下さい。
※布補助テープは使用しなくても良いが細部や端部の細工に適しています。
※施工現場に応じて、必ず事前に施工方法をご確認下さい。

施工手順


  • インプルーブテープ使用
  • 【1】
    洗浄、補修、乾燥後に養生
    【2】
    モデファイヤー希釈液を塗布

  • 【3】
    ①カラーパウダーと水を混練してベースコートを作成
    ②コテでベースコートを薄くしごくように塗布

  • 【4】
    乾燥後インプルーブテープを設置

  • 【5】
    モデファイヤー希釈液を軽く
    塗布または霧吹きで散布

  • 【6】
    ①カラーパウダーと水を混練してトップコート作成し、コテでテクスチャーをつけながらトップコートを塗布
    ②トップコートを塗布しながお好みの色を茶こし等で散布

  • 【7】
    ある程度乾いたら刷毛でなじませテープを撤去
    【8】
    1回目、ウェットシーラー塗布


  • 【9】
    乾燥後2回目、ノーマルシーラー塗布、完成
ワンポイントアドバイス
トップコート塗布時、コテによるテクスチャーで、さまざまな表現ができます。
ポイント色の散布はデザインにあわせて水玉模様にならない様ランダムに隈なく散布して下さい。
左官刷毛で表面のポイント色を馴染ませるように擦り込みます。
壁面際や端部は布補助テープで目地を入れると美しく仕上がります。