リーズナブルでデザイン性豊かな外構・庭作りを目指し、エクステリア材を開発・販売しています
神戸ガーデンハウス電話番号 神戸ガーデンハウス電話番号

マット工法 / グランドコンクリート

自然石調のテクスチャーのリアルな仕上がりが魅力

重厚さと高級感を表現する八イグレードなシステムです。
マット工法は本物の岩を型取って作り上げた専用マットで押さえ、表面に凹口をつけます。
また、陰影剤を一緒に使用する事でレト口で自然な感じに仕上ります。


グランドコンクリート マット工法例
グランドコンクリート マット工法例グランドコンクリート マット工法例

材料使用目安量

材料 カラーハードナー ベース色(B) 1.2袋
ポイント色(P) 0.2袋
ポイント色(P) 0.2袋
ノーマルシーラー又はウエットシーラー 4 リットル
リキッドリリース 5 リットル~
リリースエージェント(R) 0.2Kg~
ツール  スチールフロート 2ケ~
ブルフロート 1ケ~
エクステンションハンドル 1ケ~
テクスチャーマット 1セット~

※使用目安置は、基本計算に基づき算出された数量です。季節天候現場状況によって若干の誤差があります。
※力ラーハードナーはポイント色(P)を2色使用した場合の数量です。単色で行う場合には3色の合計数量が必要になります。
※ポイント色(P)はお好みで調節する事も可能です。その際の合計数量は3色の全体数量を参考に計算して下さい。
※リキッドリリースは揮発性の材料で、使用目安量は季節によりかなりの誤差があります。特に夏期施工の際はご注意下さい。
※陰影をつけない場合は、リリースエージェント(R)は必要ありません。
※施工現場に応じて、必ず事前に施工方法をご確認下さい。

施工手順


  • 【1】
    カラー工法の2回目押さえまで同じ作業

  • 【2】
    リキッドリリースエージェントを基材表面に散布

  • 【3】
    リキッドリリースエージェントをマット表面に散布

  • 【4】
    テクスチャーマットで岩肌の型をつける

  • 【5】
    テープがある時のみ清掃後に撤去

  • 【6】
    通常通り
    清掃、乾燥後シーラー塗布

  • 【7】
    完成
ワンポイントアドバイス
リキッドリリースエージェントの作成
リキッドリリースを必要量バケツに入れる。
リキッドリリース(剥雛剤)1リットルに対して、リリースエージェント(陰影剤)を大さ じ1(15g程度)が目安ですが、混合する量はお好みで調整して下さい。
混合時は色を確認
リリースエージェントの着色は仕上がりに大きく左右されます。
混合時必す着色具合を確認してから施工して下さい。
ブロンズのリリースエージェントを使用した例
テープマット工法の仕上がり
テープ工法とマット工法の組合せでバリエーションを僧やせます!